福島あんしんネット

私たちがお答えします。

uno宇野賀津子

所属:
(公財)ルイ・パストゥール医学研究センターインターフェロン・生体防御研究室室長
NPO法人知的人材ネットワークあいんしゅたいん常務理事

 

専門:免疫学

 

詳しくはこちらから

bando坂東 昌子

所属:
NPO法人知的人材ネットワーク理事長、愛知大学名誉教授

 

専門:素粒子論

 

詳しくはこちらから

tsunoyama角山雄一
つのやま ゆういち

所属:
京都大学 環境安全保健機構
放射性同位元素総合センター 
助教

 

専門:
分子生物学と放射線安全管理学。

 

詳しくはこちらから

Q.3 福島県産の野菜は大丈夫か? 

A3. 2014年の時点で、流通している福島産のものは、基準値以下で食品の放射能汚染を心配する必要はありません。家庭菜園の野菜も、まずは測ってみましょう。一番水のたまりそうな所の部分の野菜(一番放射線量が高そう)を収穫して、よく洗って500g用意し、公民館などの測定場所へ持参、測ってもらいましょう。土はよく洗ってください。測定した野菜が基準値以下なら、他の部分はまずもってもっと低いはずです。安心して、食べましょう。(U)

http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16005b/kennai-hoshanoukensa.html

TOP